【奈良】紅葉と三重塔がコラボする大和三名園「當麻寺中之坊」の御朱印

平成28年11月23日

當麻寺の塔頭巡りは続いて「當麻寺中之坊」奈良県葛城市)へ。

「當麻寺中之坊」は、當麻寺開創に伴い役の行者が開いた道場と言われ、當麻寺最古の僧坊として平安時代には40余房の筆頭寺院であったそう。

拝観受付で拝観料500円を納め、先に御朱印帳を預けておきます。

img_3154 img_3157

「本堂(中将姫剃髪堂)」

奈良時代に中将姫が剃髪し尼僧となった授戒堂であり、中将姫の守り本尊である十一面観音が祀られています。

この観音様は「導き観音」とも呼ばれ、道に迷った時に行くべき道を示して下さり、進学や就職、結婚などの人生の節目に祈願するのがよいとか。また、女人の守り本尊として、安産や子授け祈願にも御利益があるそう。

img_3166

「髪塚」

中将姫が剃髪した毛髪で梵字を刺繍し、観音菩薩の導きを祈念したそう。

img_3169

大和三名園「香藕園」

紅葉ごしに見える三重塔が絵になりますね♪

img_3177

「池泉回遊式兼観賞式庭園」

苔むした岩の緑や紅葉の赤・黄の色彩や、池や灯篭、遊歩道の配置のバランスは一目見るだけで素晴らしいと思います。

img_3181

庭園だけでなく、客殿の絵天井も新しいながら目を引きます。

img_3186 img_3184

【御朱印】

最後に拝観受付に戻り、御朱印をいただきました。

「導き観音」いい響きですね♪

img_3273 img_3274 img_3275

次回は、塔頭巡りのラスト「當麻寺宗胤院」へ。


※當麻寺中之坊


🌸奈良の【御朱印】まとめ

【奈良】の市町村別【御朱印】一覧
奈良県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(85社寺・179体) 奈良には、約1400年前の日本最...


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする