【広島】天井や板壁がなく未だ未完成!?「豊國神社」(千畳閣)の御朱印【宮島編⑤】

平成29年12月30日

宮島の御朱印めぐり旅⑤

宮島のラストは「豊國神社」へ向かいます。

五重塔の左手にある、大きなお寺みたいな建物が豊國神社(千畳閣)です。

神社や五重塔のある高台を「塔の岡」といい、毛利元就が陶晴賢を襲撃した厳島合戦の古戦場だそう。弘治元年(1555年)晴賢が大軍を率いて上陸し、この丘に本陣を構え、毛利方の宮尾城を攻撃したが、元就が暴風雨の夜に不意を突いて襲い掛かったため、陶軍は大敗となり、内海地域の制海権が毛利方の手に移ったと伝わります。

「龍髯の松」

樹齢二百年以上を誇るクロマツであり、龍のほおひげに似ていることからこの名が付いたそう。

「五重塔」

応永14年(1407年)建立とされ、朱色が美しい塔は高さ27.6mあります。内陣天井には龍、外陣天井には葡萄唐草、来迎壁の表には蓮池、裏には白衣観音像などが極彩色で描かれているそう。塔内の仏像は、明治元年の神仏分離令により大願寺に遷されました。

「豊國神社」は、天正15年(1587年)豊臣秀吉公が毎月一度千部経を読誦するため、政僧・安国寺恵瓊に建立を命じた大経堂であり、畳857畳分の広さがあることから「千畳閣」とも呼ばれます。明治の神仏分離令により、御本尊の釈迦如来・阿難尊者・迦葉尊者が大願寺に移されたのち、秀吉公と加藤清正公が祀られ、豊國神社となったそう。

秀吉公の急死により工事が中止され、天井や板壁がない未完成の状態のままだそう。

江戸時代には交流の場、納涼の場として人々に親しまれ、「大絵馬」がたくさん飾られます。

まるで大きな額縁のような縁側からは、

厳島神社の社殿を一望♪

ちなみに床下も通行できます。

【御朱印】

授与所でいただきました。

宮島名物「しゃもじ」の副印が可愛いですね。


<豊國神社(千畳閣)>

住所:広島県廿日市市宮島町

昇殿料:大人100円、小中学生50円


鹿を横目にランチのお店を物色!

どのお店も大混雑で、たまたま席が空いていた「加福食堂」へ。

名物のあなご丼は売り切れのため、かき丼 880円を注文!

カキがコク旨で予想以上に美味しかったです♪

次回は、あなご丼を食べてみたいです。

再びフェリーに乗り、見どころ満載だった宮島を後にします。

瀬戸内海の島々を眺めながら、広島市街に向かいます。


🌸広島の【御朱印】まとめ

【広島】の市町村別【御朱印】一覧
広島県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(14社寺・15体) 【広島市】 広島護国...

<楽天広告>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハローキティ御朱印帳【丸窓】 朱印帳 納経帳 集印帳 かわいい
価格:2160円(税込、送料別) (2018/1/16時点)


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする