【広島】三重塔を見下ろす尾道の景観が見事♪「天寧寺」の御朱印

平成30年1月1日

広島県尾道市の「天寧寺」へ。

「天寧寺」は、貞治6年(1367年)京都五山の普明国師を開山とし、室町幕府2代将軍・足利義詮により創建された禅寺であり、創建当時は東西約330mの寺域を持つ大寺院として栄え、3代将軍・足利義満も宮島参詣の帰路に宿泊するなど、足利氏ゆかりの寺として繁栄したそう。春には「しだれ桜」や「牡丹」が咲き誇る「花の寺」としても知られます。

「鐘楼門」

「手水舎」

「羅漢堂」

江戸時代から明治初期までに宗派、地域を超えて寄進された526体の五百羅漢像を安置します。誰にでも自分に似たお顔の仏様があるそうなので、是非探してみてくださいね。

「烏瑟沙摩明王」

トイレの守護神とされ、腰から下の病気を治して下さるそう。

「本堂」

御本尊:宝冠の釈迦如来を祀ります。

「魚鼓」

食事の時間を知らせたり、寺僧を集める際に木槌で打ち鳴らします。

「三重塔」

嘉慶2年(1388年)に五重塔として建立されたが、江戸時代に三重塔に改修されたそう。その寸胴な外観は、眼下の街並みとともに、尾道を代表する景観と言えますね。

ネコおじさんが猫に囲まれていました!

 

【御朱印】

寺務所でいただきました。


<天寧寺>

住所:広島県尾道市東土堂町17-29

電話:0848-22-2078(8時~17時)

拝観料:無料

駐車場:なし(JR尾道駅から徒歩15分)


🌸広島の【御朱印】まとめ

【広島】の市町村別【御朱印】一覧
広島県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(14社寺・15体) 【広島市】 広島護国...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする