【滋賀】全国の日吉・日枝・山王神社の総本宮「日吉大社」の御朱印帳と御朱印

平成29年11月26日

滋賀県大津市の「日吉大社」へ。

「日吉大社」は、比叡山の麓に鎮座し、およそ2100年前、崇神天皇7年に創祀された全国約3800社の日吉・日枝・山王神社の総本宮です。平安京遷都の際には、都の表鬼門(北東)を守護する都の魔除・災難除を祈る社として、また、伝教大師が比叡山延暦寺を開いてからは天台宗の護法神として多くの人々から崇敬されます。

「山王さん」と呼ばれる例祭(山王祭)は、湖国三大祭の一つであり、特に4月の宵宮落し神事は、期間中最も勇壮な神事とされます。

「大鳥居」

この日はもみじ祭開催中でした♪

境内には約3000本の紅葉があり、関西屈指の紅葉名所として知られます。

「山王鳥居」

日吉大社独特の鳥居で、「東」に伊勢神宮を始め東日本の神々を、「西」に西日本の神々を拝することができるそう。

お猿が可愛い顔出しパネルもあります♪

珍しい石造りの「手水舎」

境内は、東本宮と西本宮の2区域からなります。

「西本宮楼門」

西本宮は、大津京遷都にあたり、奈良の三輪山より大己貴神を勧請したそう。楼門は、天正14年(1586年)頃の造営とされ、四隅には猿の彫刻が施されます。

「西本宮拝殿」

本殿には御祭神:大己貴神(おおなむちのかみ)を祀り、大社内の約40のお社の全ての神様を総称して「日吉大神」と称されます。

「山王神輿」

全国神輿のルーツとされ、桓武天皇が日吉大神に寄進したのが始まりと伝わります。

「東本宮楼門」

東本宮は、神体山の八王子山に鎮座する大山咋神を祀り、山頂付近には金大巌(こがねのおおいわ)と呼ばれる磐座や奥宮が鎮座します。

「東本宮拝殿」

文禄5年(1596年)頃の造営とされ、御祭神:大山咋神(おおやまくいのかみ)を祀ります。

「亀井霊水」

伝教大師参拝の折、霊亀が浮かんできたと伝わります。

「猿岩」

山王神使・神猿(まさる)さんが座るお姿で、来る者に神縁を結び、去る者を見守るそう。

【御朱印】

西本宮の授与所でいただきました。

他にも摂社など10種類以上の御朱印があります。

【御朱印帳】

カバー付き、小さいサイズです。

山王鳥居と紅葉が色鮮やかです♪


<日吉大社>

住所:滋賀県大津市坂本5-1-1

電話:077-578-0009

駐車場:約50台(無料)

公式URL:http://hiyoshitaisha.jp/


🌸全国の【御朱印帳】まとめ

【都道府県別の御朱印帳一覧】
都道府県別にこれまでいただいた【御朱印帳】をまとめました。 私の場合は、御朱印帳を都道府県別、お寺と神社別、日蓮宗や霊場専用などで分け...

🌸滋賀の【御朱印】まとめ

【滋賀】の市町村別【御朱印】一覧
滋賀県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(32社寺・65体) 【大津市】 比叡山延...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする