【京都】伊勢神宮の天照大神・豊受大神を祀った元伊勢「籠神社」の御朱印

平成29年11月12日

京都府宮津市の「籠神社」へ。

「籠神社」(このじんじゃ)は、神代の昔より奥宮・眞名井原に豊受大神をお祀りし、崇神天皇の御代に天照大神が大和国笠縫邑からお遷りになった後、垂仁天皇の御代に天照大神が、雄略天皇の御代に豊受大神がそれぞれ伊勢にお遷りになったため、元伊勢と呼ばれたと伝わります。

「元伊勢」伝承を有する神社の中で、天照大神・豊受大神をその血脈の子孫(海部家)が宮司家となって一緒にお祀りしたのは、籠神社だけだそう。

「一の鳥居」

「二の鳥居」

「手水舎」

「魔除狛犬」

作者の一心で魂の入った狛犬が天橋立の松林に出現し、参拝者や通行人を驚かしたため、偶々居合わせた豪傑・岩見重太郎が一夜待ち伏せし、剛刀を一閃すると、石の狛犬の前脚が切れて出現が止んだとの伝説があります。

「神門」

本殿には、御祭神:彦火明命を祀り、社伝では上賀茂神社の賀茂別雷神と異名同神であると伝わります。家内安全・開運厄除・病気平癒などの御神徳で有名だそう。

【御朱印】

授与所でいただきました。

本殿裏側へ5分ほど歩くと、奥宮「真名井神社」があります。

「波せき地蔵」

大宝年間(約1,300年前)の大地震で大津波が押し寄せた時、この場所で切り返したと伝わり、天災地変から守護し、子育て・病気除けの御利益があるそう。

「天の真名井の水」

海部家三代目の天村雲命が天上に昇られ、高天原で神々が使われる「天の真名井の水」を黄金の鉢に入れ、地上に持ち返ってこの地の泉に遷し、豊受大神へのお供えの水としたのが起源とされます。

「拝殿」

御祭神:宇迦之御魂・保食神・豊宇気毘売を祀り、商売繫盛・厄除治病・世界平和などの御神徳があるそう。本殿は修復工事中でした・・・


<籠神社>

住所:京都府宮津市大垣430

電話:0772-27-0006

参拝料:無料、参拝時間:7時~17時(御朱印は8時~16時半)

駐車場:120台(700円)※30分以内は無料

公式URL:http://www.motoise.jp/


🌸京都の【御朱印】まとめ(神社編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(神社編)
京都府でいただいた【御朱印】を市区別にまとめました。 随時更新中!(61社・101体) 特に京都市内は、大小様々な魅力的な寺社が...

🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(お寺編)
京都府でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(114ヵ寺・234体) 特に京都市内は、大小様々な...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする