【京都】資産運用の神を祀る「御金神社」の金色御朱印&ローストビーフ丼

平成29年11月4日

京都市中京区の「御金神社」へ。

「御金神社」は、昔は民家で密かに祭祀されていた金の神・金山毘古命を、明治16年に社殿を建立して祀ったのが始まりとされ、金神様の愛称で親しまれます。

御祭神は鉱山・鉱物の神として、昔は刀剣類の武具から農耕器具、現代は大型機械からすべての金属類、特に金・銀・銅の御金を護る資産運用の神として広く崇められます。

金色の「鳥居」

「手水舎」

「拝殿」

御祭神:金山毘古神・天照大神・月読神を祀り、金属類を護り給う神を祀る神社は国内唯一だそう。こじんまりとした神社ですが、続々と参拝者が絶えません!!

金色の「絵馬」

【御朱印】

授与所でいただきました。

金色の「金」文字が!!御利益ありそうです♪


<御金神社>

住所:京都市中京区西洞院通御池上ル押西洞院町618

電話:075-222-2062

駐車場:周辺の有料Pを利用


ランチは神社から徒歩1分の「肉屋銀次郎」へ。

ランチメニューは、ローストビーフ丼(並) 820円などお値打ちです♪

折角なので、相方と少し奮発しました♪

極上やわらかステーキ丼 1,280円

ビーフストロガノフのローストビーフ丼 1,280円

とちらもお肉がとても柔らかく、あっという間に完食でした♪


<肉屋銀次郎>


🌸京都の【御朱印】まとめ(神社編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(神社編)
京都府でいただいた【御朱印】を市区別にまとめました。 随時更新中!(63社・107体) 特に京都市内は、大小様々な魅力的な寺社が...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする