【岐阜】飛騨国最古の曹洞宗道場「雲龍寺」の御朱印

平成29年8月29日

岐阜県高山市の「雲龍寺」へ。

海蔵山「雲龍寺」は、養老4年(720年)泰澄大師が白山社を創建して別当とした妙観寺が元と伝わります。また、応永2年(1395年)竹窓智厳禅師が荒廃した堂宇を修復し、師の了堂真覚禅師を開山に請して、曹洞宗飛騨最初の道場「雲龍寺」として創建したそう。

なお、天正10年(1582年)本能寺の変の際、二条城で襲撃を受け、19歳で亡くなった高山城主・金森長近公の長子忠次郎長則の菩提寺として知られます。

「山門」

「鐘楼門」

高山城破却の際、城内の黄雲閣という建物を下附されたそう。

「鳥枢沙摩明王」

トイレの神様だとか!

「本堂」

御本尊:十一面観世音菩薩を祀ります。江戸初期の庭園は、心字池の周りをツツジや椿、楓などが彩りを添え、四季折々の趣を見せてくれるそう。

また、雪舟筆の達磨、狩野永徳筆の唯摩居士の画像、木庵禅師の筆額のほか、近代画壇の巨匠・橋本閑雪が亡妻供養のために残した観世音菩薩の軸などが、寺宝として残ります。

昔の小僧さんの生活風景だとか!可愛らしいですね♪

【御朱印】

寺務所でいただきました。

飛騨三十三観音第3番札所にも指定されています。


<雲龍寺>

住所:岐阜県高山市若達町1-86

電話:0577-32-4323

駐車場:15台(無料)

公式URL:http://www.unryuji.jp/


🌸岐阜の【御朱印】まとめ

【岐阜】の市町村別【御朱印】一覧
岐阜県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(27社寺・34体) 【岐阜市】 岐阜善光...

<広告>



にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする