【京都】看板ねこが可愛らしい♪在原業平ゆかりのお寺「十輪寺」(業平寺)の御朱印

平成29年8月31日

京都市西京区の「十輪寺」へ。

「十輪寺」(業平寺)は、嘉祥3年(850年)文徳天皇が染殿皇后の安全祈願のため、伝教大師作と伝わる延命地蔵菩薩を安置したのが始まりとされ、平安時代の六歌仙の一人・在原業平が晩年に閑居し、塩焼きの風情を楽しんだと伝わります。

「山門」

「庭園」

「手水」

「業平紅葉」

紅葉シーズンでも訪れる人が少なく、穴場だとか。

「不迷鐘」(まよわずのかね)

自分で決心がつかず迷っている時、この鐘をつくと決心がつくそう。ただし、御本尊の前で祈ってから息を止めて一気に一点つき、音が無くなるまで息をしてはいけないとか・・・結構大変かも??

「大樟樹」

樹齢800年とも言われ、御本尊がで作られていることからその分身とされます。

「塩竃跡」

在原業平のかつての恋人が山を隔てた神社に参詣した際、業平がこの塩竃の煙に思いを託したと伝わります。

「業平の墓」

「業平桜」

春には三方普感の庭を覆うように、樹齢約200年のしだれ桜が咲き誇るそう。

「本堂」

御本尊:延命地蔵菩薩を祀ります。

【御朱印】

拝観受付でいただきました。

あの岩合光昭さんが「世界ネコ歩き」という番組で訪れ、お寺の猫・序音(じょね)ちゃん撮影されたそう。


<十輪寺>

住所:京都市西京区大原野小塩町481

電話:075-331-0154

拝観料:400円、拝観時間:9時~17時

駐車場:15台(無料)

公式URL:http://narihiratera.seesaa.net/


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(お寺編)
京都府でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(114ヵ寺・236体) 特に京都市内は、大小様々な...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする