【三重】観音さまの絵が素敵な「勅願院観音寺」と「大師寺」の御朱印

平成28年11月19日

今日は三重県四日市市のお寺巡り!

まず、前回車で行ったものの、道が狭くて断念した「勅願院観音寺」六呂見町)へ。

img_2696

「勅願院観音寺」は、神亀4年(727年)に小野の浜(現在の大浜町地内)に出現せられた如意輪観世音菩薩を聖武天皇が深く帰依し、天平9年(737年)に登城山に補陀洛山観音寺を創建したのが始まりだそう。

その後、1543年に後奈良天皇によって当山は勅願所とされたが、1594年の太閤検地により寺領が公没となる。1605年に元勅願所だと知った徳川家康公により、勢州一国浄土宗大本寺の称号と中本山の寺格、徳川家「三葵」の使用を許されたそうです。

img_2699

今回はお寺の裏側から回ると、なんと広い道路沿いに大きな駐車場が・・・あららw

img_2694

立派な2層の瓦葺の門をくぐると、

「本堂」も大きくて重厚な造りです!

ちなみに、当寺の観音さまは、4つの足と8つの頭を持つ霊鳥に座ることから、四足八鳥観音と呼ばれているそう。(写真は説明看板より)

img_2697

参拝を済ませて寺務所を訪れると、手書きの素敵な観音さまの絵が♪

1m四方くらいかな?結構大きいですよ。御住職の作かは聞きそびれましたが、御朱印帳にも是非書いていただきたいなぁ!

img_2702

【御朱印】

御住職が不在だったため、書置きをいただきました。

次いで、車で10分ほど移動し、「大師寺」北納屋町)へ。

img_2704

「大師寺」は、高野山真言宗の寺院であり、1830年頃に信心深い町人・山田氏が夢枕で弘法大師を感得し、この地に堂舎を建立したのが始まりだそう。信徒の先達として高野山に50年以上登り、参詣講員は延べ10万人にも上ると言われます。

img_2703

「本堂」横でお声かけをすると、ご丁寧に本堂に上げていただき、御本尊をお参りいたしました。

img_2706

写真はありませんが、本堂内にはカラフルな曼荼羅絵巻が数種掛けられており、興味深く拝見できます。

【御朱印】

味わいのある御朱印もいただきました。

img_2803

このあと、四日市市→桑名市への御朱印旅は別途アップします。

(つづく)


※勅願院観音寺

※大師寺


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・135体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

全国御朱印図鑑 [ 「全国御朱印図鑑」編集委員会 ]
価格:2484円(税込、送料無料) (2016/11/24時点)


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする