【滋賀】木曽義仲公と芭蕉翁の墓所が並ぶ「義仲寺」の御朱印

平成29年5月20日

滋賀県大津市の「義仲寺」へ。

「義仲寺」(ぎちゅうじ)は、朝日将軍木曽義仲公の御墓所のほとりに、義仲公の側室巴御前が草庵を結んだのが始まりとされ、巴寺とも呼ばれたそう。

治承4年(1180年)義仲公は信濃に平氏討伐の挙兵をし、寿永2年(1183年)平氏の大軍を討ち破った翌年、源頼朝の命をうけた源範頼・義経の軍勢に敗れて討ち死にされ、この地に御墓所が立てられたそう。

また、美しい景観をこよなく愛した松尾芭蕉翁が度々訪れ、生前の遺言でこの地に墓が立てられたそう。境内には、芭蕉の辞世の句「旅に病て夢は枯野をかけめぐる」など多くの句碑が立ち並びます。

「山門」

山門脇には巴御膳を追福する「巴地蔵堂」があります。

「井戸」

境内には、芭蕉翁や俳人の句碑がたくさん!

「古池や蛙飛こむ水の音」芭蕉翁

「庭園」

「翁堂」

明和6年(1769年)蝶夢法師が再興し、芭蕉翁坐像ほかが安置されます。

時を報せる魚形の開梆(かいぱん)がありました!

天井には伊藤若冲筆「四季花卉の図」

「義仲公御墓所」

「巴塚」

義仲公の側室であり、武勇すぐれた武将としても知られる巴御前の塚です。

「朝日堂」

木彫りの御本尊:聖観世音菩薩を祀ります。

【御朱印】

寺務所(拝観受付)でいただきました。

木曽義仲公「朝日将軍」

松尾芭蕉翁「正風宗師」


※義仲寺


🌸滋賀の【御朱印】まとめ

【滋賀】の市町村別【御朱印】一覧
滋賀県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(32社寺・65体) 【大津市】 比叡山延...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする