【京都】魚の形をした開梆を叩いて時を報せる「萬福寺」の御朱印

平成29年5月14日

京都府宇治市の「萬福寺」へ。

黄檗山「萬福寺」は、寛文元年(1661年)中国僧隠元隆琦禅師による開創です。

中国明朝時代の臨済宗を代表する禅師は、中国福建省にある黄檗山萬福寺の御住職をされていたが、承応3年(1654年)63歳の時に日本からの度重なる招請に応じて来朝し、中国と同じ寺名を名づけたそう。

「総門」

左右の屋根が低い牌楼式と呼ばれる中国の門です。

「放生池」

心に響きますね!

「三門」

拝観受付で拝観料500円を納めます。

天王殿への真っ直ぐな参道

開山堂」

開山隠元禅師を祀ります。

すべての伽藍は回廊で結ばれています。

鐘楼も回廊で繋がっています。

「中和園」

黄色の菖蒲が新緑に映えますね♪

鮮やかな手水

「天王殿」

中国寺院では一般的な玄関とされるお堂であり、弥勒菩薩・四天王・韋駄天を祀ります。

弥勒菩薩(布袋様)の見事なお腹♪

「大雄寶殿」

萬福寺の本堂であり、御本尊:釈迦如来座像のほか、十八羅漢像を祀ります。

「斎堂」

僧侶が食事をするところであり、魚の形をした(かいぱん)を叩いて時を報せるそう。

「法堂」

御住職が説法を行い、衆僧が問答で所信を磨く場所であり、堂前の勾欄は卍くずしの特徴を表します。

「絵馬」

【御朱印】

朱印所でいただきました。


※萬福寺  http://www.obakusan.or.jp/


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(お寺編)
京都府でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(114ヵ寺・236体) 特に京都市内は、大小様々な...




にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする